続・なぜ、日本人はお金持ちが嫌いなのか?

写真 写真

先日、新幹線に乗っている時、
突然、知人の田中さん(仮名)から
電話がかかってきました。

田中さんは、
数十万円の高級医療用寝具
メーカーから仕入れて、
売る仕事をしています。

かなり実績もお有りで
確か年収も2千万円くらいだったはず。

田中さんはかなり焦ってる様子で、
私が新幹線の中、という都合も聞かず、

せきをきったように、話し始めました。

「ちょっと聞いてください!
ひどいんです、会社が。

医療用寝具の会社が・・・
突然、外資に買収されて!

で、今までと同じように仕事をしても、
私の報酬は、なんと6分の1に
なってしまったんです!

会社に言っても、なしのつぶて!

今まで、何十年も信じて
やってきたのに。

この仕事があれば
老後は安泰だと安心していたのに!

会社の方向転換で、
私の人生が、こんなことになるなんて!

この先、どうしたらよいか、わかりません。」

言うだけ言うと、
電話の向こうで田中さん、
声をつまらせ
泣き出してしまいました。

田中さんは、年齢は
49歳です。

あらたに勤め先を見つけるのは
容易ではないでしょう。

私は、少しみぞおちのあたりが
痛くなるような気がしました。

リストラの嵐

日曜日、家でくつろいでいたら
主人の携帯電話が鳴って、
相手は、高校時代の友人のようでした。

「ふ~ん、
会社、辞めたんだ・・・」

そんなやりとりが聞こえてきました。

主人の同級生だから
友達は、年齢は50代後半。

思わず聞き耳を立てていると、

「X社だから、退職金は良いんじゃない!?
結構もらえたんじゃないの?

え?
これから資格とるの?

ヘルパー2級?

きついよ~」

そんな声が聞こえてきました。

Y社とは、名前を聞けば
誰もがしっている有名な企業です。

電話を切った後、
主人がひとこと。

「同級生の山本だけど、
リストラで、Y社辞めたんだって。

新卒からずっとY社だから
退職金はしっかり出るけど、
家のローン返すだろうから。

老後の資金、残るのかな。

最近、
友達から電話かかってくると
みんなリストラの話ばっかりだよ。

今年になって、3人目だ!」

私、
「まだ、50代だから、
これから働いていかなきゃ、きついでしょう。

何か資格とかできることはないの?」

主人、
『介護の仕事しようか』みたいなこと
言ってたけど、

なまじの覚悟じゃできないよ。
厳しいなぁ。」

仕事があるって大事

人にとって仕事があるって大事だと
私は思います。

どこかの組織に所属し、
人とコミュニケーションをとり、
自分が、役に立っているのを
実感する
、ってことが、
人間にとってすごく重要なことなんですよね。

生活費以上に稼ぐ重要性

しかし、そもそも、
月々の生活費以上に稼ぐ、
は最重要
です。

私が次女を出産し、
わずか数か月の育児休暇をとったときのことを
思い出しました。

可愛い女の赤ちゃんが生まれ、
ずっとそばにいて、
話しかけたり、お世話をしたり、
育児の日々は、楽しかったのですが・・・

恐ろしいことが起こりました。

毎月35万円ずつ貯金が減る恐怖

歩合給の営業だったので
育休期間は無給です。

毎月、貯金が35万円ずつ
着実に減っていく
のです!

生活は極めてシンプルでしたが、
それでも生活費に月35万円
かかっていたのですね。

1か月で35万円
2か月で70万円
3か月で105万円
4か月で140万円、
貯金が減りました。

日々、成長し、
かわいらしくなっていく我が子を
区が斡旋する保育ママさんに預け、

私は、次女が生後4か月の時
仕事を再開しました。

「とにかく、働いて、
毎月お金がきちんと入ってくるようにするって
大事だな!」

その時、身に染みて感じました。

最低限の生活に、
およそ毎月35万円はかかる
こと。

そして、たとえ、生活費にお金をつかっても、
毎月入ってくるから、回ってるんだ、
って、ことに気づきました。

毎月のお金が入ってこなくなると
ただただ貯金が減る一方!

生活費以上のお金が入り続ける仕組作りを

月々、生活費以上のお金が、
入り続ける仕組みを作っておくことの
重要性
に、あらためて気づかされた
20年以上前の出来事です。

Y社を退職した主人の友人も、
今は、貯えがあるでしょうが、
これから先、収入がとだえると、
毎月35万円ずつ貯金が減る恐怖
味わうのかしら、
と、考えると、思わずぞっとしました。

会社の変革で収入激変

講演出張のため羽田空港で、飛行機を待つ私に
電話がかかってきました。

相手は、かつての部下です。

「吉野マネージャー、(昔から私のことをそう呼びます)
今度のゴルフ、
キャンセルして良いですか?

私、
「どうしたの?何かあったの?
体調?」

松田さん(仮名)
「いや~、ゴルフ行くお金、
なくなっちゃって・・・

私、
「えっ?ウソ!
月100万円以上、稼いでたでしょ?

松田さん、
「実は、今回、
会社の仕組みが変わって・・・

私に、
見込み客がまわってこなくなってしまって・・・

この後は、松田さんから、
収入が以前の4分の1に減り、
いかに苦しいか、愚痴を聞かされることに。

飛行機の時間ギリギリまで話を聞き、
乗り込んだ機内で
私は、ふ~っと、深いため息をつきました。

老後貧乏になる人の共通点

田中さん、山本さん、松田さん、
それぞれに共通するのは、
一時は、勝ち組サラリーマン、
成功する営業マンとして活躍していた

ということ。

しかし、なぜ、これほどまでに
人生のせっかくの成熟期に
厳しい状態
になってしまったのか?

老後貧乏になる人がいたら、
その共通点は、
会社に依存する生き方にある
、と
私は考えます。

会社に忠誠を!しかし依存しない生き方

そもそも私は、勤め人の時代から
ポリシーがあり、
それは、
「会社に対して絶対の忠誠を誓う」
ということでした。

「会社の方針は絶対!」
「トップの言っていることには絶対従う!」

これが私の考えでした。
今もこの考えは変わりません。

会社に対してロイヤリティー・忠誠心を持つ
ということは、長く良く仕事をする上で
極めて重要です。

しかし、会社に忠誠を誓うことと、
会社に依存することは、別物
なのです。

会社は我々の人生に責任をとってくれない

会社の目的は何でしょうか?

私たち社員の人生を幸せにすること?

いえいえ、それは違います。

会社の目的は、利益を出し、
永続的に発展すること
です。

そのひとつの手段として、
社員にとっての働きやすい職場環境、
就労・勤務形態を整える、
などはありますが。

社員ひとり一人の人生の幸不幸には
責任をとれないのが会社
なのです。

時に、会社は、
その利益や存続を優先するために、
社員に対して、リストラなどの
不利益な決断
をすることがあります。

忠誠心をもって勤めながらも
頭のどこかに、そういう未来が
まっていることも予測
し、
事前準備しておく
そんな生き方が
今は求められていると感じます。

長時間を会社で過ごすうちに、
自分の人生を会社にまかせたような
気持ち
になってしまうのは、
言語道断です。

勤め人として働くうちは、
会社に忠誠を誓いながらも、
会社に依存しない!

自分の人生には、自分で責任をもつ!
特に、
自分の人生のお金に対して、
自分で責任を持つ!

という目線を持つことが
求められていると思います。

別収入の柱を持ちたい人へ

会社に勤めながら、
今の生活や老後のために

別の収入の柱を立てたいと思う方は、
ここから先を読んでください。

会社に迷惑かけずに、
1日20分など通勤途中のすきま時間
スマホでできる副業をお考えでしたら、
これは秀逸なビジネスモデルです。

副業というと、ちまちました金額しか
稼げないことをイメージしますが、

普通にやれば、
初月から月10万円以上の手取収入
得られるのはこのネットを活用した
ビジネス
くらいだと思います。

詳しくはこちら↓
http://link.iroas.jp/6ddc11bd

著者一覧

吉野真由美
こちらがオススメの書籍です
全国の企業にて、講演、営業研修、営業コンサルを開催しています。

セミナー写真

吉野真由美 プロフィール

吉野真由美とは?

吉野真由美

吉野真由美プロフィール

プレゼン話し方研究所株式会社 代表取締役 日本テレアポ検定協会 代表 国際医療経営学会 代表 日本プロスピーカー協会 認定プロスピーカー 選択理論心理学会員 ドクター佐藤富雄「口ぐせ理論実践塾」 認定講師

写真
写真
写真

「営業大学」学長、営業コンサルタント、プロ講演者、営業研修講師、 同志社大学経済学部在学中は、応援団チアリーダー部に所属。応援団副団長を務めスタッフのモチベーションアップを体得。 卒業後、生命保険、コンピューターの営業を経て、世界最大手の英語教育会社に入社。 約100万円の英語教材をどんどん即決契約し、3ヶ月でトップセールスとなり、営業管理職に昇進。自ら培った営業のセールストークを部下に教えたところ、 ゼロから立ち上げた営業組織を、5年間で売上20倍に(年商約20億に)拡大し、最年少で役員に昇格。 日本プロスピーカー協会、認定プロスピーカー試験に過去最高得点で合格(2005年5月現在)。 2005年、英語教育会社を退き、企業研修と営業コンサルティングのプレゼン話し方研究所(株)を設立。 代表取締役社長に就任。 「営業のカリスマ」、「テレアポの女神」と言われ、営業研修や講演が人気に。 企業での営業研修や講演は約2000回、受講者は30000人以上となる。 2013年1月、DVDやCD、ネットでのビデオ講座配信や、リアルなセミナーで営業が学べる 「営業大学」を開校し、ビジネスマンや経営者の業績拡大をサポートし、 全国の受講者やファンから強い支持と高い評価を得ている。 ビジネス書でも、アマゾン総合1位、紀伊國屋新宿本店ビジネス書ランキングで1位のベストセラー 「商品がなくても売れる魔法のセールストーク」(ダイヤモンド社)を始めとする 24冊の著書を発表し、うち6冊は海外にも翻訳出版され注目を集める。 新著「営業するなら人の財布を心配するな!」が、アマゾンのセールス・営業部門で1位になるなど、 高い評価を得ている。

【営業研修・講演の専門分野】 テレアポ、電話営業、セールストーク、モチベーションアップ、プレゼンテーション、 ビジネスマナー、クロージング

メルマガ登録

写真 写真