営業LINEマーケティング高額商品専門【第4弾】

写真 写真

営業LINEマーケティング高額商品専門【第4弾】

LINEマーケティング最適な業種

LINEで営業やマーケティングをおこなう場合、
どのような業種に有効なのか
お伝えしていきます。

LINEはそもそも個人のスマホに
メッセージを届けコミュニケーションする

ツールです。

適した業種は、個人相手に営業をかけ
ビジネスする業種
ということになります。

また、商品の金額が高額になればなるほど、
人は十分な情報がないと購入しません

よって確実に個人に情報を届けLINEは
高額商品の販売に重宝なツールです。

個人に高額商品を営業する業種

例えば、生命保険(個人向け)
支払い総額は大きな金額となりますし、

伝えなければならない情報が
たくさんあるので
LINEマーケティングは
合っていると言えましょう。

企業保険はどうでしょうか。
法人が契約する保険も、
社長本人というひとりの人間が
情報収集し決断するため、
LINEマーケティングに適しています。

また、きものや写真館、
個人宅のリフォーム、
外壁塗装、宝石、美容、
健康食品、エステ、
歯科、治療院
ネットワークビジネス

なども、同様に適しています。

LINEは部下育成にも最適

また人と人の距離を縮め
頻繁なコミュニケーションによって
信頼関係を築くことができるので
LINEでアンダーのメンバーの育成も
可能
になります。

私自身、営業マネージャーだったころ
最初はFAXやメール
次にはWEBサイトでの情報提供と
コミュニケーションを通して、
部下育成をしてきました。

メンバーたちは全国に散らばって
毎日営業活動をしていましたが、
このようなツールを用いることで
毎日コミュニケーションすることが
可能になりました。

経営トップや営業管理職も
今なら部下たちとLINEでつながり
密に、励まし系のコミュニケーション

するのが良いでしょう。

情報提供で顧客を教育

実際、営業活動で出会うお客様の中にも
2種類の方がいます。

ニードが明確でな顕在的なお客様
「今すぐ客」
と、
そうでない人「そのうち客」がいます。

今すぐ買わない「そのうち客」を
放置することは大きな損失
です。

「そのうち客」ともLINEでつながって
こちらから定期的に情報提供し
教育
するべきです。

相手が啓蒙され、見込みが育ち、
タイミングがあったとき

向こうからLINEで相談が来る
このような状態を自ら作ることが
永続的な売上アップにつながりま

メールではダメな理由

従来、インターネット・マーケティング
の中心はメールアドレスを
取得し、そこにメールで情報提供

することでした。

しかし、AIの進化によって
企業が一斉配信するメールは、
スパムだろうと判定され
メールが届かなくなりました

人がメールを見なくなった

過去にはインターネットマーケティングに
力を入れる企業は皆、
見込み客の名前とメールアドレス
集めていました。

そこに、システムからメールを
配信
していたのですが、
お客様に届かないことが増えました。

たとえ、メールフォルダーに
届いたとしてもスパムメール
埋もれてしまうのです。

せっかくこちらから送ったメールが
開封していただけないし
読んでいただけない。

読まれるメールは3%

インターネット・マーケティングの
世界に七星(ななほし)さん
という人がいます。
メルマガ界の先駆者であり巨匠
そして、私の友人です。

先日、彼に会ったらこう言ってました。

「僕は10万件のメールアドレスを
保有
していた。

しかし、一斉配信しても
ほとんどのメールが開けられないし、
読まれない。

読んでくれない人を保有していても
意味がない
と思った。

読んでくれる人だけのメールアドレスに
しぼろうと思った。

メールを読まない人を
解除したところ、
メールアドレスは
たったの3800件
になった。

読まれるメールは
3.8%だった。」

一般的にメルマガの世界で
読んでいただける率は
約3%です。

100人にメールして、
読んでいただけるのは
たったの3人
というのが
平均的な線です。

メールによる
インターネットマーケティングの
行き詰まりを感じる出来事でした。

「営業のコツ」メルマガ

吉野の配信する「営業のコツ」
メルマガは、一般の10倍以上の率で
読まれているたいへん珍しいケースです。

365日配信なのですが、日々、
「昨日から営業のコツが届かなくなった」
など、連絡をいただきます。

そこで、「営業のコツ」メルマガも
LINEで受取っていただけるよう
準備が完了
したところです。

メールではダメな理由2

また、個人客にとって
お問合せフォームからの
資料請求は面倒くさい
もののひとつです。

姓名は全角で入れて、
電話番号を半角英数で
メールアドレスを半角英数で
お問合せ内容は全角で入れて。

この途中で、急用が入るなど
脱落が多い

今のお客さんにとって
料理やスポーツなど、
何かをしない理由の第一は
「面倒くさいから」
です。

最先端LINEで集客2倍に!

マーケティングにたけた
人たちがまずスタートしたのが、

お客様とのつながりを
メールではなくLINEでつながる
という形に変える

ということでした。

データーを確認したところ、
LINEで集めたほうが
2倍集められる

ということもわかりました。

資料請求はLINEが良い理由

LINEで友達つながりになって
資料請求するだったら、
スマホの画面をたった
2回タッチするだけ
で良いから、
面倒くさくなくて良いわけです。

新ツールに乗り遅れる人

しかし、LINEで集客し、
顧客とつながることに対して、
抵抗感を持つ方もいるでしょう。

「LINEでつながるやつなんて
ろくなやつじゃないんじゃないの?
という声も聞こえてきそうです。

1998年のマーケティング

「インターネットで
資料請求するなんて
ろくなやつじゃない!」
と、言った人がいました。

「資料請求っていうのは
ハガキでやるものだ!」
と。

1998年の話しです。

今はインターネットでの
資料請求は当たり前になりました。

2003年のマーケティング

また、2003年の話しです。

「携帯で資料請求してくるやつなんて
ろくなやつじゃねーよ!」

と、言った人がいました。

今は携帯、スマホからの
資料請求が9割を占めるように
なりました。

抵抗する人

「そんなのおかしい」、とか、
「ろくなやつじゃね~」
と言ってる人の方が
時代についていけてないだけ
かもしれません。

まとめ

LINEを用いたマーケティング、
営業術はどんどん主流になり、
これからの新定番になるでしょう。

飛込み、テレアポ、
リアルな営業
をやってきた人ほど、
会うことにこだわりますが、

会うことを重視した上で、
会わずにできる
コミュニケーションも充実
させ
さらに売上アップできれば
それに越したことはありません。

私も、我々のパートナーさんも
LINEを使ってすでに成功事例
出し始めています。

あなたは乗り遅れるか?
新しい波に乗るか?

自分自身で決めてください。

前の記事:営業LINEマーケティング第1弾

前の記事:営業LINEマーケティング第2弾

前の記事:営業LINEマーケティング第3弾

ここをクリック!【無料のメール講座】「営業のコツ」メルマガ登録

参考記事【吉野式営業術1】売れるクロージングトークが鍵

営業LINEマーケティング高額商品専門【第4弾】

著者一覧

吉野真由美
こちらがオススメの書籍です
全国の企業にて、講演、営業研修、営業コンサルを開催しています。

セミナー写真

吉野真由美 プロフィール

吉野真由美とは?

吉野真由美

吉野真由美プロフィール

プレゼン話し方研究所株式会社 代表取締役 日本テレアポ検定協会 代表 国際医療経営学会 代表 日本プロスピーカー協会 認定プロスピーカー 選択理論心理学会員 ドクター佐藤富雄「口ぐせ理論実践塾」 認定講師

写真
写真
写真

「営業大学」学長、営業コンサルタント、プロ講演者、営業研修講師、 同志社大学経済学部在学中は、応援団チアリーダー部に所属。応援団副団長を務めスタッフのモチベーションアップを体得。 卒業後、生命保険、コンピューターの営業を経て、世界最大手の英語教育会社に入社。 約100万円の英語教材をどんどん即決契約し、3ヶ月でトップセールスとなり、営業管理職に昇進。自ら培った営業のセールストークを部下に教えたところ、 ゼロから立ち上げた営業組織を、5年間で売上20倍に(年商約20億に)拡大し、最年少で役員に昇格。 日本プロスピーカー協会、認定プロスピーカー試験に過去最高得点で合格(2005年5月現在)。 2005年、英語教育会社を退き、企業研修と営業コンサルティングのプレゼン話し方研究所(株)を設立。 代表取締役社長に就任。 「営業のカリスマ」、「テレアポの女神」と言われ、営業研修や講演が人気に。 企業での営業研修や講演は約2000回、受講者は30000人以上となる。 2013年1月、DVDやCD、ネットでのビデオ講座配信や、リアルなセミナーで営業が学べる 「営業大学」を開校し、ビジネスマンや経営者の業績拡大をサポートし、 全国の受講者やファンから強い支持と高い評価を得ている。 ビジネス書でも、アマゾン総合1位、紀伊國屋新宿本店ビジネス書ランキングで1位のベストセラー 「商品がなくても売れる魔法のセールストーク」(ダイヤモンド社)を始めとする 24冊の著書を発表し、うち6冊は海外にも翻訳出版され注目を集める。 新著「営業するなら人の財布を心配するな!」が、アマゾンのセールス・営業部門で1位になるなど、 高い評価を得ている。

【営業研修・講演の専門分野】 テレアポ、電話営業、セールストーク、モチベーションアップ、プレゼンテーション、 ビジネスマナー、クロージング

メルマガ登録

写真 写真