【トップ営業ノウハウ】すごい人脈を作るコツ1

写真 写真

【トップ営業ノウハウ】すごい人脈を作るコツ1

みなさん、こんにちは。
吉野真由美(よしのまゆみ)です。

今回は私が営業時代の頃から培ってきたノウハウとして、
「すごい人脈を作るトークのコツ」を紹介していきたいと思います。

人脈づくりは、成功するための第一歩。
みなさんも成功者の仲間入りするために、しっかりと勉強しておきましょう!

成功に必要なのは「すごい人脈」?

「成功」興味ありますよね。
もし「話し方」で成功が近づいてくるなら、知りたいですよね。

その前にちょっと時間をください。
「成功の3要素」と言うと、あなたは何が頭に浮かびますか?

自分自身が努力する当たり前ですが、
自分以外の要因で「これがなければどうにもならない」と言うものがあります。

それを私は、
人脈
情報
お金
この三つと定義しています。

そして、この3つの中で一番大事なものは「人脈」なのです。

なぜ人脈が成功に必要なのか?

では、なぜ人脈が成功に必要なのでしょうか?
その理由は「情報も人が発信し、人が伝えてくる」からです。

そして、上質な人脈は、
常にハイレベルな情報、一部の人しか持っていない貴重な情報を伝えてくれます。

それによって、成功のスピードを加速させることができます。

もちろん、私自身の過去を思い返してみても、
「あの時成功したコツは人脈だったな」と思うことが多々あります。

お金は「人脈」がもたらしてくれる?

では、お金はどうでしょうか?

実はお金は、人と人がビジネスで関わることによって生み出せます。

また、パートナーシップでお互いの得意分野を生かすことによって、
さらに大きく経済を膨らませることができます。

私自身「あの人からの援助がなければ、今頃どうなっていたか・・・。」などと、
後で冷や汗をかくこともあるぐらいです。

お金も人がもたらしてくれるもの。私にはそうとしか思えません。

運・ツキを運んでくれるものとは?

「運、ツキ」
そう答えた方もいらっしゃるかもしれませんね。

これも正解の一つだと思います。
では「運がいい」「ツイてる」ってどう言うことでしょうか?

自分が求めているものを得るための手段や願望表現の方法、
つまりお金や情報、援助してくれる人が、タイミングよく向こうから現れる、
と言うことではないでしょうか。

とすると、運やツキも「人」がもたらすもの、と言うことになりますね。

だから今こそ、上質な出会いをモノにし、強い人脈を気づいた人の勝ち!
現代社会で成功するためのコツは「人」との出会いが重要です。

成功するコツは「すごい人脈」を作ること!

自分が興味を持っている分野、自分がこれから伸びていきたいジャンル、
つまりは自分が成功したい分野でのハイレベルな人脈。

こうした人脈を得ることによって、大いに実力をアップさせることができるのです。

でも、すごい人脈は待っていて築けるものではありません。
では、どうしたら良いのでしょうか?

「すごい人脈」を築くノウハウ紹介します!

いきなりこんなことを言うと
「すごい人脈を築くノウハウなんてあるの?」
といった声が聞こえてきそうですが、断言します。
すごい人脈を築くノウハウはあるのです。

私が営業時代から実行してきた数々の裏技、コツやヒントを、具体例とともにご紹介いたします。

みなさんが陥りがちな間違った考え方

まず、よくある間違った考え方についてお話しします。
みなさん、こう思っていませんか?

「まず自分のレベルで、とりあえず人脈を築き、自分に合った人たちと仲良くなる。
そして、紹介などによって、少しづつ高いレベルに近づいていく。」と。

これは大きな間違いです!
この方法では、あっという間に私たちは100才になってしまいます。

とは言いますものの、私にはこんな経験があるからです。

私の体験談

実は私、20代から30代にかけて
営業マンとしてトップを走り続けるため、にハードに仕事ばかりして、
得たいものを1つ1つ手に入れ、まっすぐに生きてきました。

ですが、その一方で、きっぱりとあきらめてきたものがありました。
それは社交でした。

驚かれるかもしれませんが、
私は実は20代から30代にかけて、一切の社交を絶って生きてきたのでした。

「仕事と家庭」両方で成功したかった私

このように振る舞ってきたのは、
「仕事の成功と家庭の成功。この2つを手に入れるのは、恐ろしく難しい」
と思っていたからです。

それだけでなく、さらにこんなことも考えていました。

「両方手に入れる人ってほとんどいない。
ましてや、どちらも手に入っていない人だっていっぱいいる。
という事はこの両方を手に入れるのは相当難しい…。
成功のためには、その他のものは全て諦めなくちゃ」
真剣にこう思っていました。

会社ではちょっとしたトークすらせず、人付き合いは無視し、
自分の目標達成だけに焦点を合わせていました。

周りからの視線が痛い時もありましたが、
「私は私の得たいものを得る。それまでは、そのほかのすべてのものは無視!」
と覚悟を決め、仕事の成功を追い続けました。

営業マンとして成功した先に待っていたものとは・・・。

そして2003年春、ある地点に達しました。
営業マンとして数々の実績をあげ、結果を出し、
やっと「自分が求めているところまで来られた。」と言う地点まできたのです。

そして、ようやく私は社交の封印を解いたのです。
「さあこれからは、私も人付き合いをしよう!人に会って行こう!」と。
すると、驚くべきことが起こったのです!

仕事である一定以上の成果を収め、少し高いところに上がった私には、
その仕事の分野での最も高いレベルでの社交が向こうから近づいてきたのでした。

営業や販売の仕事で成功した私には、
その道のスペシャルな人々が集まってきました。

人脈を築くには、先ず何かの世界で極めること

このように、私が人脈を築けたのは、
低い地面からまず這い上がる努力をしたことだったと思います。

どんな分野でもニッチなことでもいいですから、自分で何かを極め、
何かの世界で「登ったぞ」と手応えを感じるまで必死に這い上がる。

そして、登ってから、社交の封印を解く!
そうすると、その高さの人脈が自分に集まってくる。

これが私が考える「すごい人脈」を作るノウハウです。

世にある”成功ノウハウ本”は机上の空論?

世の中の成功本には
「貢献や人脈作りをしながら、仕事もジリジリ上昇させる」
と言うようなことが書いてありますが、それは机上の空論です。

実際には、相当気合を入れて、歯を食いしばって、
何か一つでもいいから徹底的に伸ばさないと何も際立ちません。

ですから、成功するためのノウハウとは
まずはどんな分野でもいいですから、
これは自分の特技、自分だけがずば抜けているものを身に付ける。

そして、その際立ったものをピカピカに光らせて、
高いレベルから社交デビューし、人脈つくりを開始、と言うわけです。

人は自分に似ている人を好きになる

人は皆自分に似たタイプの人が好きです。
特に成功者たちは、頑張って今を生きている人が大好きです。

なぜなら、自分もかつて必死で努力してきたからです。

そして、成功者たちに気に入ってもらうためには、
まずはある一定地点まで、自分で頑張ってたどり着きましょう。

付き合う人たち、出入りする場所、出会いの質と量、全てが変わりますよ。

出会いはゴロゴロその辺に転がっている!

こんなことを言うと
「でも出会うチャンスがないの・・。出会いがもっとあれば・・。」
といった声が聞こえてきそうですね。

しかし、実はセレブなビジネスパーソン、大成功を収めた経営者たちとの出会いは、
とても身近な場所に転がっているのです。

そこで、この章では、私が見つけたすごい人と出会うためのノウハウを3つ紹介いたします。

ノウハウ1:新幹線のグリーン車でのケース

私が考える最もすごい人に出会えるのは
「新幹線のグリーン車」です。

実は大抵の成功者、有名人たちは
国内移動にはグリーン車をを使います。

そして、私はこのノウハウを使い、話題の経営者にめぐり合うことができました。

新幹線での話

私は、新幹線が発車するまでの時間、荷物を整理したり、PCを取り出したり、
立った状態で、できるだけ人の目につくようにします。

すると「手伝いましょうか?」と一言。
その後、会話をしながら目的地まで過ごすのです。

そして、その方と名刺交換をしてから「なんとこの方は!?」と驚く、
などと言うことも一度や2度ではありませんでしたよ。

黙々と頑張っていてもチャンスはある!

もちろん、その場でいきなり会話がスタートしなくてもいいのです。

乗っている間、PCに向かう姿は結構目立つらしく、
隣の方や通路を挟んだ人と目があって「頑張ってますね!」の一言から
会話がスタートしたりすることもあります。

とにかくグリーン車には、
意外な出会いが転がっていますから、気を抜かないことです。
そして、しっかり自分の存在をアピールしましょう。

また、ちょっとしたコツですが、
飛行機や新幹線の「日帰り早朝便」に乗ることをオススメします。

日帰りで仕事をバリバリこなすセレブに出会えますよ!

ノウハウ2:セミナーの名刺交換の列でのケース

様々なノウハウやコツが学べたり、すごい方と出会うチャンスもあるセミナー。
ここでは、単なる出会いはなく、その1つ上をいくノウハウをお教えいたします。

みなさんもご存知の通り、
できる方、すでに成功している方ほど勉強熱心でセミナーによく出かけます。

ですから、セミナーの内容も重要ですが、
他の受講者との交流も忘れてはいけません。

そして、大勢の受講者の中からすごい人を見つけるために
「セミナー講師との名刺交換の列」を狙うのです。

セミナー受講者は「2つのグループ」に分けられる!

受講者は2つのカテゴリーに分類されます。

一つ目は超前向き、積極性や行動力があり、自己イメージが高い人たち。
もう一つは、そうなりたいけど、まだまだそこには到達していない発展途上の人たち。
自信がなく、自己イメージが低い人たちです。

このように、2つのグループに分けられるだけでなく、
講師との名刺交換の列には「自己イメージが高い人」が並んでいることが多いのです。

講師との名刺交換を2の次にするのがコツ?

そこで、私が考えたノウハウはこうです!

講師本人との名刺交換は2の次、
あくまで第一の目的は名刺交換の列に並んでいる周りの受講者です。
そして「並んでいる最中に名刺交換をしてしまう」ということです。

というのも、名刺交換の列には、
セミナー会場にいる自己イメージの高い人ばかりが集まっています。

さらに、このノウハウが優れている点として、並んでいる時間を生産的に使えますし、
「伸び代の多い新人」みたいな起業家やその卵にも出会うこともできるのです。

ノウハウ3:各種パーティ、懇親会でのケース

日本ではパーティ文化が根付いてまだ日が浅いかと思います。
そのため、知らない人ばかりのパーティーや懇親会に出かけて行って、
所在ない思いをした経験がある方も少なくないでしょう。

ですが、ここでも目的意識をはっきりさせて行動しましょう。
目的とは「有力者に出会い、関係を築く」これだけです。

パーティーでは「中心人物にくっつく」のがコツ!

出版記念講演会は特に良い出会いの場かと思います。
なぜなら出版する人もすごいけど、
その関係者もお祝いに駆けつけるのですから、ものすごく濃い会だったりもします。

そこで、まず私たちができる簡単で一番良い方法は、
そのパーティーの中心人物にくっついて行動することです。

おこぼれを頂戴する

中心人物には色々な方が挨拶に来ます。
そのおこぼれを頂戴するのです。

中心人物の挨拶や会話が終わったら、自分もさりげなく名刺を出し、ご挨拶。
側にいるだけで理由はないですが、自分も中心人物と同じレベルに見てもらえます。

ちょっと心配になるかもしれませんが、
そもそもその会場に共にいるというだけで対等の立場になれているのです。

尻込みする必要はありません。
あなたはお金を払って参加をしている、もしくはご招待されているわけです。
皆様にご挨拶する「権利がある」のですから。

パーティ後半でも上手に振る舞うコツ

では、最後に
「前半は中心人物にくっついているとして、後半はどう振る舞うか?」
ということをお話しします。

実は、後半は後半でも上手に振る舞うためのコツがあるのです。

そのコツとは、
名刺交換した人々の顔を覚えておいて、次の人に会うごとに
「先ほど素晴らしい方にお会いしたんですよ。ご紹介いたします!」と言って自分が間に入り、
人と人を引き合わせる役回りに転じる、という方法です。

接点を増やして、より濃い人脈づくりを!

こうすることによって、前半に名刺交換した方との接点が2回になります。

心理学を学んでいる方はご存知かと思いますが、
「信頼関係はコミュニケーションの回数に比例する」のです。

そして接点が2回になることにより、あなたに対する愛着や信頼も増し、
パーティーが終わる頃にはもうすでに他人ではなくなっているでしょう。

またこの方法は多くの人に感謝される行動パターンです。
社交的ではないと自認する人にこそ、オススメです。

無料のメール講座「営業のコツ」メルマガ登録はここをクリック!

次回記事【トップ営業ノウハウ】すごい人脈を作るコツ2

参考記事【吉野式営業術】1売れるクロージングトークが鍵

参考記事【吉野式ノウハウ】売れる営業のトーク術1

参考記事【吉野流ノウハウ】落ち込む気分モチベーションアップのコツ

著者一覧

吉野真由美
こちらがオススメの書籍です
全国の企業にて、講演、営業研修、営業コンサルを開催しています。

セミナー写真

吉野真由美 プロフィール

吉野真由美とは?

吉野真由美

吉野真由美プロフィール

プレゼン話し方研究所株式会社 代表取締役 日本テレアポ検定協会 代表 国際医療経営学会 代表 日本プロスピーカー協会 認定プロスピーカー 選択理論心理学会員 ドクター佐藤富雄「口ぐせ理論実践塾」 認定講師

写真
写真
写真

「営業大学」学長、営業コンサルタント、プロ講演者、営業研修講師、 同志社大学経済学部在学中は、応援団チアリーダー部に所属。応援団副団長を務めスタッフのモチベーションアップを体得。 卒業後、生命保険、コンピューターの営業を経て、世界最大手の英語教育会社に入社。 約100万円の英語教材をどんどん即決契約し、3ヶ月でトップセールスとなり、営業管理職に昇進。自ら培った営業のセールストークを部下に教えたところ、 ゼロから立ち上げた営業組織を、5年間で売上20倍に(年商約20億に)拡大し、最年少で役員に昇格。 日本プロスピーカー協会、認定プロスピーカー試験に過去最高得点で合格(2005年5月現在)。 2005年、英語教育会社を退き、企業研修と営業コンサルティングのプレゼン話し方研究所(株)を設立。 代表取締役社長に就任。 「営業のカリスマ」、「テレアポの女神」と言われ、営業研修や講演が人気に。 企業での営業研修や講演は約2000回、受講者は30000人以上となる。 2013年1月、DVDやCD、ネットでのビデオ講座配信や、リアルなセミナーで営業が学べる 「営業大学」を開校し、ビジネスマンや経営者の業績拡大をサポートし、 全国の受講者やファンから強い支持と高い評価を得ている。 ビジネス書でも、アマゾン総合1位、紀伊國屋新宿本店ビジネス書ランキングで1位のベストセラー 「商品がなくても売れる魔法のセールストーク」(ダイヤモンド社)を始めとする 24冊の著書を発表し、うち6冊は海外にも翻訳出版され注目を集める。 新著「営業するなら人の財布を心配するな!」が、アマゾンのセールス・営業部門で1位になるなど、 高い評価を得ている。

【営業研修・講演の専門分野】 テレアポ、電話営業、セールストーク、モチベーションアップ、プレゼンテーション、 ビジネスマナー、クロージング

メルマガ登録

写真 写真