【吉野流ノウハウ】落ち込む気分モチベーションアップのコツ

写真 写真

【吉野流ノウハウ】落ち込む気分モチベーションアップのコツ

こんにちは。
吉野真由美(よしのまゆみ)です。

落ち込むことなく、爽快に生き、新鮮なアイデアを手に入れるには、
ノウハウやコツを集めるといったような勉強ばかりをしていてはいけません。

時には運動することが大切です。
皆さんは、運動していますか?

私は「ウォーキング」をする習慣を取り入れています。
そして、このウォーキング、
私の「トーク術」を陰で支える秘薬なのです。

落ち込んだ気分を解放するノウハウ知ってますか?

私は、営業時代の頃から
「吉野さん、本当に元気ですね。
どうしたらいつもそんなに元気を保てるんですか?」
「落ち込むことってないんですか?
モチベーションを維持するノウハウやコツ、あったら教えてください!」
と言われてきました。

そんな私ですが、
「落ち込むことは無い」と言ったら嘘になります。

営業マネージャーの頃は、窮地に立たされたりこともありましたし、
気の進まない出来事に直面することだってあります。

でも、たった40分間で落ち込みから解放され一気に気分爽快、
やる気がみなぎってくるノウハウを知っている。
ただそれだけなのです。

アイデアを生み出すノウハウ知っていますか?

また、こんな風にも聞かれます。

「吉野さん、コンテンツって尽きないんですか?」
毎回、毎回『新ネタ』を持ってこられるのですが、
一体どうやって、セミナー内容や研修プログラムを考えているんですか?」と。

これについても、たった40分間で、頭の回転が良くなり、
最高に良く働くようになるノウハウを持っていて、
週に4回はそれを実現している。それだけなのです。

さあ、落ち込みから解放されて、新ネタが続々噴出してくるその方法とは、
一体なんなのでしょうか?

ノウハウの凄さを実感した瞬間

私が40分間で週4回実現しているノウハウ。
まず、この方法のすごさを実感した出来事からお話ししたいと思います。

ある朝、頭が重い・・・。

ある朝のことでした。
6時台、いつもの時間に目が覚めた私は、
ふと自分の様子が少し違うことに気がつきました。

頭が猛烈に重いのです。
頭痛がするとか、そういうのではなく、本当に頭が重く感じるのです。
枕からどうにも持ち上げることができないのです。

渾身の力を振り絞り、すごいエネルギーで
枕から頭を引き剥がそうと努力するのですが、全くできません。

頭の重さは「気持ち」からきていた

「一体どうしたんだろう・・・私・・・。」

次の瞬間、私はその日の午後に控えている営業会議が憂鬱で
「営業会議に行きたくない」と感じて、
落ち込んでいる自分に気づきました。

「あ〜、私、嫌がっているんだ。
行きたくない、その仕事したくないんだ。
心の叫びを、脳がまともに受け止めてるんだ・・・。」
そんなことを考えました。

言葉では表せられない気持ち

そして、次の瞬間、ふと思ったのです。
「えっ?これって、うつの初期症状?」

自分が自分でないような、脳とカラダが分離して、
そのままの状態でいるのがとってもイヤで、
それでいて全てから逃げて、このまま消えてしまいたいような妙な気分だったのです。

「40分で週4回実施しているノウハウ」が落ち込み解決に!

このような状態になって初めて、私はあることを思い出したのです。

一年ほど前から学ぶようになっていた、
ドクター佐藤富雄の「口ぐせ理論実践塾」でのノウハウを。

そして、私が40分で週4回実施しているノウハウとは、このことだったのです。

ドクター佐藤富雄の話

ドクター佐藤富雄のノウハウ。
それは「最高の抗うつ剤とは」というノウハウでした。

では、そのノウハウの真髄を理解していただくために
少し長くはなりますが、ドクター佐藤富雄の話を紹介いたします。

脳内ホルモンが関係している?

「人間のカラダというものは、
進化の過程で素晴らしい脳内ホルモンを手に入れていった。

人間の体は、とても面白くできているんだよ。

20分以上カラダを動かすと、
働き続けること・動き続けることが苦ではなくなるホルモンが、
脳から出るようになっているんだ。

これが、ドーパミンやベータエンドルフィンなんだ。」

脳内ホルモンが分泌されると「意欲」が湧いてくる

「これらの脳内ホルモンが出てくることによって、
人間はカラダを動かし続けること、働き続けること、何かをし続けることが、
全然イヤではなくなるようにできているんだ。

『ランナーズ・ハイ』という言葉があるけど、
ちょうどこれらの物質が出ている状態だよね。

ある一定の物質が、人間の気分に影響を与えることはすでに分かっている。

例えば、アルコールを飲むと、
すごく伸び伸びした気分になったり、
気が大きくなったりする。

実は、ドーパミンやベータエンドルフィンといった物質が放出されると、
人間は非常に豪快でおおらか、未来に対して楽観的な気分になるようにできているんだ。

何かをやり続けることが苦ではなくなるどころか、
『あれもしたい』『これもしたい』『もっとやってみたい』と、
意欲とヤル気も湧いてくる。」

人間たらしめる脳内物質

「元はチンパンジーと大差のない状態だった人間(ホモ・サピエンス)が、
ここまで進化できたのも、こういった特別な脳内ホルモンを手に入れたおかげ、
と言われているんだ。

多分、突然変異によって手に入れたんだろうね。

でも、ヤル気の源のようなホルモンがなければ、
人間はここまで進化できなかったんだ。

これらのホルモンのお陰で、動き続け、働き続けることができるから、
嫌がらずに、長時間労働に勤しむことができた。

また、楽天的に明るい未来を信じることができるから、貯蓄もでき、
チームワークを築き、ここまでたどり着けたといっても過言ではないだろう。」

脳内物質は、誰しもが持っているもの

「だから!ここからが大事!

自分の中に内在している、
こういった素晴らしい脳内物質の『ご利益』を
被りながら生きていかなくっちゃ、ということだ。

ご先祖様から受け継いだ、この素晴らしい物質は、一部の人だけのものではない。

人が100名いたら、100名とも、人が1000人いたら1000名とも、
持ち合わせているものなんだ。

でも、こういった脳内物質に蓋をして、
スイッチが入らない状態で生きている人もいるよね。

それは『勿体無い』というもの。

脳から常に、これらの素晴らしい脳内物質が放出、噴出され、
最高の気分で前向きに生きていけるようにしなくっちゃ。」

脳内物質を出すコツは〇〇にある!

「そのためにできる生活習慣がある!

まず、20分以上カラダを動かすことで、
これらの脳内物質が出てくることが証明されているから、
一番確実な方法は20分以上、ウォーキングすることだ。

足を左、右、左、右と動かして歩くことは、
人間の進化の過程に従っていて、脳に非常に良い影響を与える。

とにかく20分以上歩くことによって、
ドーパミン、ベータエンドルフィンといった
人間特有の素晴らしい脳内物質を放出させ、楽観的にポジティブに、
イキイキとヤル気に満ちて、爽快に生きていくことができるんだ!

また、こうした脳内物質が出ているときは、
ナイスなアイデアもどんどん出てくるんだ。

まずは、頭で考えているのではなく、
とにかく20分以上歩いてみよう。

ウォーキング!
『その第一歩』を踏み出した人が成功する!」

藁にもすがる思いで「ノウハウ」を信じることに

朝起きたベットの中で、この話を思い出したのです。

以前から、なんとなく分かっていたことではありましたが、
この日が来るまで自分とは関係ないことのように思っていました。

ですが、このときは違いました。
「他に方法はない!なんとか我が身を救わなくては!」
と唯一ひらめいたノウハウを信じ、実行することを決めたのです。

落ち込み解放ノウハウ実行後、劇的な効果が!

なんとかベットから這い出た私は、
ドクター佐藤富雄のいう「その第一歩」を踏み出しました。

そして、家から出て、一歩踏み出した瞬間、
目に飛び込んできた景色を、私は今でも忘れることができません。

私の人生を変える第一歩となったのでした。

初めは効果を感じられなかった

ウォーキングを始めた、最初の10分~15分は、何も変化がありませんでした。

まだ頭の中で、午後に待ち受けている
気の乗らない営業会議の内容がうごめいていました。

嫌な気分を追い払おうと、無理やりただただ歩いている状態でした。

知らず知らずのうちに目標達成!?

しばらくすると、川沿い、ゴルフ練習場の横、と
普段は車で移動する場所まで歩いてきている事に気付きました。

ふと時計を見ると、歩き始めてから「25分」経過していました。
なんと知らず知らずのうちに、目標を達成していたのです。

すると、こんな面白い事に気がつきました。

落ち込み解放ノウハウの効果が早くも現れる

朝起きたときは、あれほど嫌だった営業会議が、
特に理由はないけれど、それほど気にやむほどのものではない。
という気分になっていました。

そして、ふと顔にかかる風が心地よく、
キンモクセイの香りも感じる事ができるようになり、
「もうしばらく歩いてみよう!」そう思いました。

気分爽快!アイデアも浮かび・・・。

その後、15分ほど歩いたのですが、あっという間でした。

なぜか、自然にやりたいことが頭に浮かんできたり、
家に着く頃には、とても楽しい気分になって
モチベーションアップしていました。

家から出る前の私と
家から出た後の私・・・。
ウォーキングをしただけで、全くの別人になっていたのです!

20分以上体を動かす事によって、
ドーパミン、ベータエンドルフィンが分泌され、気分を爽快にしてくれる。
自分自身をモチベーションアップしてくれる。

そして、軽い興奮状態、ハッピーな気分で、
脳が前向きに活動し始める。

「ウォーキングは、最高の抗うつ剤!」
このノウハウの凄さを身をもって体感した瞬間でした。

憂鬱だった営業会議では

もちろん、憂鬱だった営業会議にも参加し、
ウォーキング中に思いついたアイデアを、営業会議で発表しました。

そして、営業会議中、こんな面白いことがありました。

なぜか、普段より滑舌よく話すことができたのです。
言いたいことが言葉になって、どんどん出てくるのです。

普段なら、「こんな時どんなトークをしたらいいんだろう?」と思う場でも
スムーズに「それって、こうゆうことですよね!」などと、
自分のイメージ通りの言葉が出てきたのでした。

朝はあんなに憂鬱で落ち込んでいたのに、
その日の午後には「今日の私、冴えてる!!」という経験ができたのです。

ウォーキングは〇時間以上も効果が持続する!

この経験を、上記のノウハウを教えてくれた
ドクター佐藤富雄に聞いてみました。

すると、
「一度でたドーパミンや、ベータエンドルフィンは、6時間は効いているんだよ。

だから、午前中放出されたこちらの物質は、夕方くらいまで出ているよね。
やはり、一日の中で早い時間に20分以上のウォーキングをするのがいいね」

とのことでした。
皆さんも、ぜひ日々の習慣に取り入れてみてください!

毎朝8時に届く「営業のコツ」メルマガ登録はここをクリック!

次回記事【成功ノウハウ1】脳科学で引き寄せるのがコツ!

参考記事【吉野式営業術1】売れるクロージングトークが鍵

参考記事【吉野式ノウハウ】売れる営業のトーク術1

参考記事【吉野式】すぐできる!会議で上手くやるためのコツ1

著者一覧

吉野真由美
こちらがオススメの書籍です
全国の企業にて、講演、営業研修、営業コンサルを開催しています。

セミナー写真

吉野真由美 プロフィール

吉野真由美とは?

吉野真由美

吉野真由美プロフィール

プレゼン話し方研究所株式会社 代表取締役 日本テレアポ検定協会 代表 国際医療経営学会 代表 日本プロスピーカー協会 認定プロスピーカー 選択理論心理学会員 ドクター佐藤富雄「口ぐせ理論実践塾」 認定講師

写真
写真
写真

「営業大学」学長、営業コンサルタント、プロ講演者、営業研修講師、 同志社大学経済学部在学中は、応援団チアリーダー部に所属。応援団副団長を務めスタッフのモチベーションアップを体得。 卒業後、生命保険、コンピューターの営業を経て、世界最大手の英語教育会社に入社。 約100万円の英語教材をどんどん即決契約し、3ヶ月でトップセールスとなり、営業管理職に昇進。自ら培った営業のセールストークを部下に教えたところ、 ゼロから立ち上げた営業組織を、5年間で売上20倍に(年商約20億に)拡大し、最年少で役員に昇格。 日本プロスピーカー協会、認定プロスピーカー試験に過去最高得点で合格(2005年5月現在)。 2005年、英語教育会社を退き、企業研修と営業コンサルティングのプレゼン話し方研究所(株)を設立。 代表取締役社長に就任。 「営業のカリスマ」、「テレアポの女神」と言われ、営業研修や講演が人気に。 企業での営業研修や講演は約2000回、受講者は30000人以上となる。 2013年1月、DVDやCD、ネットでのビデオ講座配信や、リアルなセミナーで営業が学べる 「営業大学」を開校し、ビジネスマンや経営者の業績拡大をサポートし、 全国の受講者やファンから強い支持と高い評価を得ている。 ビジネス書でも、アマゾン総合1位、紀伊國屋新宿本店ビジネス書ランキングで1位のベストセラー 「商品がなくても売れる魔法のセールストーク」(ダイヤモンド社)を始めとする 24冊の著書を発表し、うち6冊は海外にも翻訳出版され注目を集める。 新著「営業するなら人の財布を心配するな!」が、アマゾンのセールス・営業部門で1位になるなど、 高い評価を得ている。

【営業研修・講演の専門分野】 テレアポ、電話営業、セールストーク、モチベーションアップ、プレゼンテーション、 ビジネスマナー、クロージング

メルマガ登録

写真 写真