営業ビジネスマナーのコツ20「絶対にNG!」営業十戒②

写真 写真

こんにちは。吉野真由美(よしのまゆみ)です。

前回記事では、5つの禁止行動を見てきました。

今回は、その続きになります。

恥を掻いてしまってからでは手遅れですので、しっかり確認しておきましょう。

椅子の背にもたれて踏ん反り返って座る

椅子にふんぞりかえって座る

営業でこれをやると、良い仕事ができません。

私にはある統計があります。

営業のマネージャーだった時代、営業職員を集めて
毎月、ミーティングと講義をおこなっていました。

そのとき、面白いことに気づいたのです。

数十名いる人間のうち、そのほとんどが、
前のめりになって私の話しを聞いているのに対し、
ある1名だけは、ずっと椅子の背に背中をつけて聞いているのです。

その人は色々なことで理由をつけて、
3ヶ月以内に仕事をやめていきました。

そして、そういった例を何人も見てきました。

今となっては、
”ふんぞりかえるのは、あなたの話しには興味無し”という、
非言語表現だったのかも。と思っています。

髪をかき上げる

髪をかきあげる

このしぐさは、女性がよくする行動です。

しかし、人は今の状態に不安を感じたり、
真実ではないことを言ったりする時に、髪をさわりたくなるそうです。

つまり、髪をかきあげる・さわることで、
相手に不安な感情を露呈してしまうことになります。

これでは商談がうまくいく訳がありませんよね。

営業が獲得すべきは、信頼感、安心感です。

今すぐ意味なく髪をさわるのをやめ、
かきあげなくてもすむ髪型にしておきましょう。

独り言を言う・舌打ちをする

独り言・舌打ち
これらも無意識からくるものなのでしょう。

ですが、ハッキリと言って、
育ちそのものが悪いのではないか、と思われかねません。

もし不安な方は
「自分のプレゼンをビデオに写して自分で見てみる」
ことをお勧めします。

独り言・舌打ち以外にも、他の色々な癖に気づきますよ。

目を合わせない

目を合わせない

これこそ「究極のアピール力のなさ」につながることでしょう。

営業の仕事とは、人に影響を与え、
人を動かし、行動にかりたてる仕事です。

”どんな人でも成功できる!
誰でもやらせてみないとわからないから、
来た人は全員採用する!”

と言っていたマネージャーがいましたが、その人も、
最低条件は「人と目をあわせて話しができること」だといっていました。

今は、パワーポイントや資料などを使ってプレゼンすることが多くなりましたが、
その場合にも「目線は、9割がお客様。1割がパワーポイントや資料」です。

ですから、あなたも、相手の目をしっかり見て、
影響力を増し、人を動かすプレゼンをするよう心がけましょう。

頻繁に瞬きをする

たくさんの営業のプレゼンやロープレを見てきました。

しかし、商品の良さを理解し、その商品が大好き!
というにもかかわらず、全然売れない人がいました。

なぜだろう?と思い、その人にプレゼンをしてもらいました。

するとあることに気づきました。

あきらかに人の倍ほど瞬きの回数が多いのです。

瞬きが多いと、自信がなさそうに見えますし、
へたをするとウソをついているようにすら見えます。

アメリカでは大統領選では、
スピーチのときに瞬きが多い方が落選するそうですよ。

ですから、お付きの方が1分間に何回瞬きをするかを数え、
それを意識的に減らす練習まで本人にさせるんだとか。

瞬きの回数とは、それほどまでにプレゼンのパワーに影響をあたえるのです。

また、人は集中したり、
本当に一生懸命になり無の境地になると、瞬きが減ります。

瞬きの回数に注意しすぎると、かえって不自然になるという方は、
プレゼンへの集中力を高めるよう意識してはいかがでしょうか。

まとめ:自己だけでなく他者からのチェックも!

10個の禁止行動。あなたは大丈夫でしたか?

どれも、日常生活において、良く目にするものだったと思います。

電車の中、オフィス、外食先。

日々色々な方に出会い、色々な癖を目にします。

しかし、この癖。自分では気づけないものなんですね。

ですから、常に意識して、無意識に行動しないようにするのが大切です。

また、周囲の人にも協力してもらって、
これらの癖が出たら、すぐに注意してもらうなどするのも良いでしょう。

営業で成功したいのなら、10個の禁止行動は絶対にNGですよ。

スマホでここをクリック!【無料のLINE講座】「営業のコツ」を友達追加して受け取る!

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ19「絶対にNG!」営業十戒①」

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ18「女性営業の身だしなみ総まとめ」

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ17「女性営業に相応しい化粧と髪型」

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ16「服装のレベルチェック②女性編」

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ15「営業のプロが教えるレベル2・3の服装」

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ14「服装のレベルチェック講座①男性編」

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ13「成功する営業マンの服装」

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ12「初回面談で言ってはいけないNGワード」

関連記事:営業ビジネスマナーのコツ11「メモ」と「次回面談」の取り方」

著書エリア

全国の企業にて、講演、営業研修、営業コンサルを開催しています。

セミナー写真

吉野真由美 プロフィール

吉野真由美とは?

吉野真由美

吉野真由美プロフィール

プレゼン話し方研究所株式会社 代表取締役 日本テレアポ検定協会 代表 国際医療経営学会 代表 日本プロスピーカー協会 認定プロスピーカー 選択理論心理学会員 ドクター佐藤富雄「口ぐせ理論実践塾」 認定講師

写真
写真
写真

「営業大学」学長、営業コンサルタント、プロ講演者、営業研修講師、

同志社大学経済学部在学中は、応援団チアリーダー部に所属。応援団副団長を務めスタッフのモチベーションアップを体得。 卒業後、生命保険、コンピューターの営業を経て、世界最大手の英語教育会社に入社。 約100万円の英語教材をどんどん即決契約し、3ヶ月でトップセールスとなり、営業管理職に昇進。自ら培った営業のセールストークを部下に教えたところ、 ゼロから立ち上げた営業組織を、5年間で売上20倍に(年商約20億に)拡大し、最年少で役員に昇格。 日本プロスピーカー協会、認定プロスピーカー試験に過去最高得点で合格(2005年5月現在)。 2005年、英語教育会社を退き、企業研修と営業コンサルティングのプレゼン話し方研究所(株)を設立。 代表取締役社長に就任。 「営業のカリスマ」、「テレアポの女神」と言われ、営業研修や講演が人気に。 企業での営業研修や講演は約2000回、受講者は30000人以上となる。 2013年1月、DVDやCD、ネットでのビデオ講座配信や、リアルなセミナーで営業が学べる 「営業大学」を開校し、ビジネスマンや経営者の業績拡大をサポートし、 全国の受講者やファンから強い支持と高い評価を得ている。 ビジネス書でも、アマゾン総合1位、紀伊國屋新宿本店ビジネス書ランキングで1位のベストセラー 「商品がなくても売れる魔法のセールストーク」(ダイヤモンド社)を始めとする 24冊の著書を発表し、うち6冊は海外にも翻訳出版され注目を集める。 新著「営業するなら人の財布を心配するな!」が、アマゾンのセールス・営業部門で1位になるなど、 高い評価を得ている。

【営業研修・講演の専門分野】 テレアポ、電話営業、セールストーク、モチベーションアップ、プレゼンテーション、 ビジネスマナー、クロージング

メルマガ登録

写真 写真